WEBで自分をアピール

WEBサービスで変わる教育業界

WEBサービスはさまざまな領域や分野に進出しています。その一つが教育業界だと思います。古い人間からすると教育にWEBが関わってくることに違和感のようなものも感じたりしますが、実際に活用してみるとこれがひじょうに便利だということに気付かされます。たとえばオンライン上での授業です。今や大手企業になったある予備校が取り入れたことがそのスタートですが、学生が必要なときにいつでもアクセスできる利点がうけて、今や教育業界ではWEBを活用した授業は一つのスタンダードになっています。

WEBの活用は情報の利用が便利になったということにとどまりません。大量の情報を大勢の人に一斉に届けることができるため、コストが分散され、情報を安価に提供することができます。産業革命時代と同じような発想ですが、薄利多売と言いましょうか、WEBはまさにそういったビジネス法を可能にしているわけです。ITが「革命」という言葉とセットで使われるゆえんの一つがまさにここにあると思います。教育業界の話に戻せば、こういったサービスのために教育費の単価が安くなるという現象が起こっています。利用者にとってはこれほどいい話はありません。教育業界のようにわりと保守的な体質を持った他の業界も、これからWEBの活用法次第ではさまざまに変化していくのかもしれません。
Copyright (C)2017WEBで自分をアピール.All rights reserved.